離婚調停をするためにはさまざまな費用がかかります。その中でも大きなものが弁護士費用です。弁護士費用についてはそれぞれが自由に決めることになるため、実際にどのくらいの費用がかかるのかは大きく異なります。地域によっても差があります。一般的な相場としては着手金と報酬がそれぞれ30万円程度と考えておけば良いでしょう。このぐらいのお金を用意しておけば、とりあえず弁護士に離婚調停の代理人を頼むことは可能でしょう。

 

もちろん法律事務所によってはもっと安い費用で行ってくれるところもあります。あるいはサービスの質に絶対的な自信を持っているために高い費用を設定しているところも珍しくありません。それでも平均的な相場としては報酬が30万円から50万円程度と考えておきましょう。

 

弁護士費用については離婚調停が不成立となり裁判をすることになったときの費用まで含まれているかどうか確認しておきましょう。裁判の方の費用も込みの場合もあれば、裁判をすることになったならば別途費用がかかってしまうケースもあります。相手が弁護士だからといって安心せず、自分できちんと契約の内容を確認することは大切です。納得のできる費用で弁護士に離婚調停を頼みましょう。