弁護士費用について

離婚調停をするためにはさまざまな費用がかかります。その中でも大きなものが弁護士費用です。弁護士費用についてはそれぞれが自由に決めることになるため、実際にどのくらいの費用がかかるのかは大きく異なります。地域によっても差があります。一般的な相場としては着手金と報酬がそれぞれ30万円程度と考えておけば良いでしょう。このぐらいのお金を用意しておけば、とりあえず弁護士に離婚調停の代理人を頼むことは可能でしょう。

 

もちろん法律事務所によってはもっと安い費用で行ってくれるところもあります。あるいはサービスの質に絶対的な自信を持っているために高い費用を設定しているところも珍しくありません。それでも平均的な相場としては報酬が30万円から50万円程度と考えておきましょう。

 

弁護士費用については離婚調停が不成立となり裁判をすることになったときの費用まで含まれているかどうか確認しておきましょう。裁判の方の費用も込みの場合もあれば、裁判をすることになったならば別途費用がかかってしまうケースもあります。相手が弁護士だからといって安心せず、自分できちんと契約の内容を確認することは大切です。納得のできる費用で弁護士に離婚調停を頼みましょう。

0

離婚調停と弁護士

離婚をするためには当事者が話し合いをする必要があります。しかし、なかなかお互いの妥協点が見つからずにいつまで経っても話し合いが進まないことがあります。そうなると最終的に離婚調停に発展することになります。離婚調停というのは裁判所に間に入ってもらい離婚についての意思決定をしたり、条件について話し合うというものです。

 

基本的に離婚調停は家庭裁判所において行われます。当事者が裁判所の庁舎に集まって、そこで調停が行われるのです。それぞれの自治体において家庭裁判所はいくつか存在しています。本庁だけではなくて支部や出張所といった施設も存在しています。離婚調停の相手方の住所地を管轄している裁判所で調停が行われます。離婚調停では中立な立場の人が間に入って話し合いを進めることができます。こちらで合意されたことについては調停調書が作成されます。これによって判決と同じだけの効力が発生します。

 

離婚調停では本人ではなくて弁護士に代理人になってもらうこともできます。この場合は弁護士にさまざまなフォローをしてもらえます。こちら側の希望や主張について分かりやすく要点をまとめて伝えることができるようになります。さまざまなメリットがあるのです。ただし、離婚調停にかかる費用に加えて弁護士費用も負担しなければいけなくなります。

0

離婚は弁護士に頼る

最近は離婚をする方が増えています。昔よりも社会的に離婚をすることが認められてきており、いろいろな事情があって離婚を選択する方が多いのです。離婚をすることによってお互いがメリットを得られると考えているならば、離婚をすることは悪いことではないでしょう。無理をした状態で結婚生活を続けていったとしても、お互いが不幸になってしまうだけなのです。それでは誰も幸せにならないでしょう。それならば離婚を選択した方がみんなが幸せな生活に戻ることができるのです。

 

ただし離婚についての話し合いがスムーズに進むとは限りません。お互いが譲れない部分があり、そのために離婚の話し合いが長引いてしまうケースも少なくないからです。そうなってしまうと、せっかく離婚をしたいのに離婚をすることができなくてお互いがストレスを抱えてしまうでしょう。埒があかない事態に陥ってしまうケースがあるのです。そんなときには弁護士を頼ると良いでしょう。法律の専門家である弁護士に相談をすることによって、離婚の話し合いをスムーズに進めることができるのです。

 

離婚をスムーズに進めるために離婚調停というものがあります。これは裁判所を介して離婚について話し合いをするというものです。これを利用するためには弁護士を頼んでおいた方が便利な場面が多いです。そこで当サイトでは離婚調停に弁護士を頼む際にどのくらいの費用がかかるのかを説明しています。これから離婚調停を検討している方はぜひとも当サイトを参考にしてください。

0